義哉師

● 箴言16:3

なんぢの作為(わざ)をヱホバに託(まか)せよ さらば汝の謀(はか)るところ必ず成るべし。

証 今週は、小樽港にパナマ船籍の海洋調査船が入港し、ウクライナや、ロシアの船員方が救われました。入港船が少なくなった中で 「水と霊」 が為されています。

陽子師

● 詩篇30篇(全篇)

 わが神ヱホバよわれ汝によばはれば 汝われをいやしたまへり  ヱホバよ汝わがたましひを陰府(よみ)よりあげ 我をながらへしめて墓にくだらせたまはざりき  ヱホバの聖徒よ ヱホバをほめうたへ奉れ きよき名に感謝せよ・・・  われ墓にくだらばわが血なにの益あらん 塵はなんぢを讃(ほめ)たたへんやなんぢの真理(まこと)をのべつたへんや 10 ヱホバよ聴きたまへ われを憐れみたまへ ヱホバよ願くはわが助となりたまへ

ホセヤ書 6章

1 ヱホバわれらを抓劈(かきさき)たまひたれども また醫すことをなし 我儕をうち給ひたれども またその傷をつゝむことを為したまふ可ればなり  ヱホバは二日ののちにわれらを活かへし 三日にわれらを起せたまはん 我らその前にて生ん

お祈り  主は愛する病める者の上に御手を按いて癒し給うゆえに信じて感謝致します。イエス・キリストは昨日今日も永遠までも変わり給うことなし。栄光主にあれ!

● ロマ書15:13

願くは希望の神、信仰より出づる凡ての喜悦と平安とを汝らに満しめ、聖霊の能力によりて希望を豊ならしめ給はんことを。

=牧師=
● ロマ書15:1~3節

 われら強き者はおのれを喜ばせずして、力なき者の弱きを負ふべし。  おのおの隣人の徳を建てん為に、その益を図りて、之を喜ばすべし。  キリストだに己を喜ばせ給はざりき。

聖餐式

● マルコ傳14:12~25