P1030244_3             

我は汝およびイエスの證を保つ汝の兄弟と共に僕たるなり。なんぢ神を拝せよ、イエスの證は預言の霊なり。 -ヨハネ黙示録19:10-

証 

会堂の修復工事が着々と進み、今週は5週目を迎えた。

月曜と火曜の2日かけて、3階のホールのフローリングが張替えられた。立派な仕上がりだ。

一日置いてワックス掛けが行われた。足跡を付けては折角の作業が水の泡となるので外出し、帰って来ると綺麗に仕上がっていた。 ハレルヤ。大感謝!

その日11月1日の夕方、部屋の蛍光灯がつかない。

ここ数日、つきが悪かった。  け  い  こ  う  と う ・・・という感じ!

蛍光管を取換えようとして、蓋に手を掛けると、軽いはずが、重い?・・・。

次の瞬間!

≪ザーッ≫ と水が流れ落ちた。

なんとなんと、この水は、あの7月12日の水道事故の時の水だ!!

天井裏に走った水が、部屋の蛍光灯の電線の穴から流れ落ちて、蓋の中一杯に入っていたのだ。

天井に近い方の蛍光管を取り付ける板にも、びっしり水滴が付いている。

あの日から、3か月半、15週、105日経って、閉じ込められていた隠れ水が発見されたのだ。

それも、ワックス掛けが終わった日に!

偶然の一致か? いや、そうとは言えない。

凡てに時あり、だから・・・・。

それにしても、良く漏電しなかったものだ。

守られていたことを深く感謝する。

来週は、いよいよ礼拝堂の番である。

ダビデ言ひけらく 此の工事の式様(ひながた)は 皆ことごとくヱホバのその手を我上にくだして 我を教へて書せたまひし者なりき  -歴代上28:19-

誰か今日自ら進んでヱホバのために その手に物を盈(みた)さんか  -同29:5-

我ら斯くのごとく自ら進んで献ぐることを得たるも 我は何ならんや また我民は何ならんや 萬の物は汝より出づ 我らは只汝の手より受て 汝に献げたるなり -同29:14-