P1000353a

イエス答へ給ふ『わが父は今にいたるまで働き給ふ、我もまた働くなり』 -ヨハネ5:17-

エルサレムのペテスダの池の辺に、大勢の病人が運ばれてきていた。

その池に、御使いが時々降りてきて水を動かすのだが、一番最初に水に入る者は、どんな病気であれ癒されるのであった。

爰に38年もの長い間、病になやむ人がいたが、通りかかったイエス・キリストが目を留め、長患いであることを見てとって、

『なんぢ癒えんことを願ふか』と言われたので、病める人は答えて、

『主よ、水の動くとき、我を池に入るる者なし、我が往くほどに他の人、さきだち下るなり』と答えた。

イエス言ひ給ふ『起きよ、床を取りあげて歩め』この人ただちに癒え、床を取りあげて歩めり。 -8節-

主イエス・キリストによって奇蹟が行われたのである。

その日は、安息日であった。律法主義者のユダヤ人は、癒された人に向かって『安息日なり、床を取りあぐるは宜しからず』と責め立てた。

彼等には、安息日にこそ人は苦難や、罪の縄目から解かるべきだという主イエス・キリストの心が分からなかったのである。

その人を癒したのがイエスだと知った彼らは、なぜ斯かることを行ったのかとイエスを責めた。

主は答えて『わが父は今にいたるまで働き給ふ、我もまた働くなり』と答えられた。

この言葉を聞いて、ユダヤ人はイエスを殺そうと思った。それは安息日を破るのみでなく、神を我が父と言って、自分を神と等しい者にされたからである。

主は、言葉を継いで、父と子の一つなること、その証は父自らが子の中にあって業を為しておられることだと語られた。

今日もまた然り、主の御霊は我らの中に在って、活き働き大いなる御業を為し給うのである。 ハレルヤ!

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お知らせ 「御霊の声」FC2ブログに、回想録-30 御霊を等閑にすなを載せました      http://dooh-imk.info の関連リンクより