パウロ 
                  ぺテロとパウロ


『君等よ、われ救はれん為に何をなすべきか』 二人は言ふ 『主イエスを信ぜよ、然らば汝も汝の家族も救はれん』 -使徒行伝16:30,31-

パウロは第2次伝道でシラスを伴い、マケドニアのピリピに導かれた。祈り場である川岸に行こうとしたところ、占いの霊に憑かれた奴隷女に出会った。この女は占いをして主人たちに利益を与えていたのである。

占い師や易者、呪文師、口寄せ、霊媒、死者に問うこと、日本にあるユタなどは、サタン来のものであって、真の神の忌み嫌うことである故に、信者たる者は為すべきでなく、神に対して全き信仰者でなければならない。-申命記18:10参照-

彼女は、二人を見て『この人たちは至高き神の僕にて、汝らに救の道を教ふる者なり』と毎日言うので、パウロは憂いて、振り向きざまに、その霊に言った。『主イエス・キリストの名によりて汝に、この女より出でんことを命ず』と。 霊はただちに出た。

ところが、その主人たちが利益を得る道がなくなったので、二人を捕えて役人に引渡し、取り調べを受けて、鞭打たれ牢獄に繋がれた。

二人は、その夜獄中で神に祈り讃美をしていると、大地震が起きて牢屋の基が振い動き、戸が開き、囚人の縄目が皆解けた。看守は、囚人が皆逃げ去ったと思い、自殺しようとすると、パウロが大声で『自害をするな、我らは皆ここにいると叫んだ。』

その時、看守は懼れを抱いて二人を連れ出し、『君たちよ、われ救われん為に何を為すべきか』と問うたのである。

彼は、目の前で神が二人を助け出すために大なる御業を為さったのを見た。同時に自分が罪人であると悟ったのである。

あゝ、この罪から如何にしたら救われるのか? 

二人は言った。『主イエスを信ぜよ、然らば汝も汝の家族も救はれん』 然り! 主イエスを信じて水と霊のバプテスマを受けることである。

そして、二人は神の言を看守と全家族に語った。看守は即時に二人を引取って全家族みな直ちにバプテスマを受け、自宅に連れ行って食事をし、全家とともに神を信じて喜んだ。

全家とともに喜ぶとは、即ち全家族が救われるということである。イエス之御霊教会では家族信者が多い。それは取りも直さず、家族に福音を伝え、皆が救われて、一つ心になり、ともに教会に通い、愛と希望と信仰を一つにし、平和と喜びと感謝を共にすることを願うからである。この世の使命が果たされれば、行く所は同じ天国である。

救いを受けるには、難しい勉強はいらない、努力もいらない、ここに書いてあるように、イエス・キリストを信じて、水と霊とのバプテスマを受け、教会に通い、聖書を霊の糧として読み、主に従って歩むだけ。育て給うは神である。

    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。

今週も教会では救いの御業がなされた。一人の姉妹が水と霊を受けて救われた。この方は精神的な病を持っていたのだが、洗礼を受け、洗足式を受けるやいなや、悪しき霊が去り、さっぱりしましたと喜ばれたのである。

また一人の姉妹は、身代わり洗礼をしてくださいと言われ、2月の寒中ではあるが、実に8名もの故人のために身代わり洗礼を受けたのである。寒さで震えることもなく、実に見事でした。ハレルヤ!

  .。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆

お知らせ
沢 則行兄弟(フランス教会)方が携われた、さっぽろ雪まつりの雪の国のアリスは、「BSフジテレビ」によって記録・編集・作成され、放送されました。
                            http://www.bsfuji.tv/itteki/archives/24.html
また次の舞台として、3月14,15に札幌市教育文化会館で開催される 「オホーツク」-終わりの楽園-
に出演されるとのことです。