P1030749


  我等のうち己のために生ける者なく、己のために死ぬる者なし。
  われら生くるも主のために生き、死ぬるも主のために死ぬ。
  然れば生くるも死ぬるも我らは主の有(もの)なり。
  それキリストの死にて復(また)生き給ひしは、
  死にたる者と生ける者との主とならん爲なり。
                            -ロマ14:7~9-