img046


汝らが我が名によりて願ふ事は、我みな之を為さん、父、子によりて榮光を受け給はんためなり。何事にても我が名によりて我に願はば、我これを成すべし。 
ヨハネ14:13,14

汝等のすべて求むる物をば、我が名によりて賜ふべし。なんぢら今までは何をも我が名によりて求めたることなし、求めよ、然らば受けん、而して汝らの喜悦(よろこび)みたさるべし。  同16:23,24

我らが神に向ひて確信する所は是なり、即ち御意にかなふ事を求めば、必ず聴き給ふ。斯く求むるところ、何事にても聴き給ふと知れば、求めし願を得たる事をも知るなり。  ヨハネ第一書5:14,15

王かれに言けるは 后エステルなんぢ何をもとむるや なんぢの願意は何なるや 國の半分にいたるとも汝にあたふべし   エステル書5:3

祈ることは大切である。それは呼吸をするようなもの。絶えず霊と真とをもって祈り、上からのものを頂いて行くことができる。

神に近づけ、さらば神汝らに近づき給はん。主イエス様が私たちを愛し、全幅の祝福を与えようとしておられることは、これらの御言葉に込められている。神の栄光が顕れるように祈って進みましょう。ハレルヤ!

   ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

                  P1040895 seisyo

改訂聖書が発売された。いのちのことば社発行の聖書 新改訳 2017」 である。
常用している文語訳聖書とは、章節共に合致しているので、馴染み易いと思う。
片や日本聖書協会の新共同訳に続く新しい聖書の訳業も進展し、発行間近と待たれるところ。
とまれ聖書の根幹は、主イエス・キリストを証するものであり、信じて聖名により生命を得しめん為(ヨハネ20:31)であるから、真の福音である「水と霊」が証されていくように祈るや切である。