わが恩恵(めぐみ)なんぢに足れり、わが能力(ちから)は弱きうちに全うせらるればなり。 コリント後12:9

パウロは、この聖言を記した十四年前に第三の天にまで取り去られた一人の人を知っていると言う、その人は肉体にてか、靈にてか知らぬが、パラダイスに取り去られて、言い得ない言葉、人の語るまじき言葉を聞いたという。

常人ではありえないような霊的体験をしたのは、他ならぬパウロ自身であったのだが、斯かる主よりの特別な黙示に与った者は、ともすれば自分は他の誰よりも恵まれ祝された者だと思いあがり、高慢に陥り易いものである。そこで主は彼を高ぶらせぬために、彼を撃つサタンの使いとして、彼の肉体に一つの刺を与えたというのである。

それが何であったかは明言していないが、「わが肉体に汝らの試練となる者ありしたれど汝ら之を卑しめず、又きらはず」と述懐していることから見れば、何らかの病を持っていたのであろうと思われる。
 ガラテヤ4:14  それ故にパウロは弱さを抱えている人であった。
救われている者ならば、自分には善きことのみがあるべきだ、それこそ証ではないか。苦難、患難、病いなどあっては証にならないのではないかと思うものである。しかし、ヨブを思い見とよとも聖書は言う。ヨブは「我ら神より福祉を受るなれば災禍をも亦受ざるを得んや」と信仰をもって言い表した。

パウロも病ある故に悩み、これがために三度まで之を去らしめ給わんことを主に求めたが、主は答えて言いたもう。『わが恩恵なんぢに足れり、わが能力は弱きうちに全うせらるればなり』と。この御言を頂いて、彼の煩悶は終わった。主の御旨が分かれば良し、あとは唯従うのみである。

キリストの能力の我を庇わんために、寧ろ大いに喜びて我が微弱きを誇らん。この故に我はキリストの為に微弱・恥辱・艱難・迫害に遭うことを喜ぶ、そは我よはき時に強ければなり。 と大勝利をして、パウロは進んだのである。ハレルヤ!